季節によって体臭ケアの方法に違いはあるの?

体臭が気になる季節といえば暑い夏ですよね。

ニオイの元が蒸発した汗の水分で舞い上がり、鼻まで届きやすい季節です。

しかし秋や冬など、寒い季節でも体臭ケアが必要なのはご存知ですか?

季節ごとの体臭ケアの方法をマスターしましょう。

夏の体臭は汗と雑菌が引き起こす

体臭は汗腺から出る物質に雑菌が増殖する事で起こります。

汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺の二種類が存在していて、アポクリン腺からは皮脂など体臭の原因になる成分が分泌されます。

そこに黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が増殖してニオイを発生させてしまうんですね。

夏の体臭対策は汗を拭く・減らす事が一番!

悪玉菌は湿気が大好きで、汗をかいてムレた皮膚は彼らにとってパラダイスです。

悪玉菌を増やさないために、まずは夏の体臭対策は汗を取り除く事にあるんです。

まずデオドラントシートや汗脇パッドを利用して、今ある汗を取り除きましょう。

次にデオドラントで汗を抑える事です。

デオドラントには2つの効果があり、汗を抑える事と悪玉菌の殺菌です。

しかし、デオドラントなら何でも良いというわけではないんです。

夏のデオドラントは水分に強いクリームタイプがオススメ

夏はエクリン腺から大量の汗を出す季節です。

気温が高いので、体温を冷まそうと水分の多い汗をかくんですね。

なのでデオドラントも水に強く、効果が持続するアイテムが求められるんです。

一般的なスプレータイプのデオドラントでは、あっという間に汗に流されて効果を失ってしまいます。

選ぶならクリームタイプやロールオンタイプなど、肌に直接塗るタイプのデオドラントがオススメですよ。

塗り直さなくても1日効果が持続するものだとさらに便利ですね。

秋冬の体臭対策は衣類を清潔に保つ事が大事

寒い時期の秋冬はついつい体臭対策を忘れがちです。

しかし汗をかいたセーターやジャケット、コートなどからイヤなニオイがする季節でもあるんです。

秋冬の衣類はこまめに洗って乾かそう

夏のTシャツはすぐにお洗濯しますが、ニットやジャケット、コートなどは1シーズン洗わない場合もあるアイテムです。

しかし、秋冬でも人間は汗をじわじわとかいているため、ニオイのもとやムレが実は発生しているんですね。

衣類はこまめに干したり洗濯して、洗いにくいものはファブリーズなど消臭スプレーでお手入れしましょう。

ドライクリーニングでは衣類に移った体臭は落とせない

秋冬のジャケットやコートなど、水洗いができないものもありますよね。

その場合は石油系の洗剤で洗うドライクリーニングをお店にお願いしなくてはいけません。

しかしワキの汗など、体臭の原因になる成分は水に溶ける性質があるため、ドライクリーニングでは落ちにくいんです。

ワキだけ水洗いをするなど、ニオイを落とすためのお手入れをドライクリーニングに付け加えましょう。

まずは見えない部分の生地でテストしてから、水洗いに挑戦してみると安心ですね。

体臭対策は一年中必要と考えましょう!

このように、夏には夏の、秋冬には秋冬の体臭対策があるんですね。

しかし理屈やコツがわかれば、どれも塗るだけ、洗うだけなど簡単なんです。

それぞれの特徴をマスターして、体臭の悩みから卒業しましょう!

頭皮や肌の雑菌対策で体臭をケアしよう

体臭の原因の一つに肌の雑菌があげられます。皮膚には皮脂などを分泌する皮脂腺と汗を出す汗腺があります。

皮膚には通常様々な雑菌が付着していて、それは皮脂と水分が混ぜ合わさった皮膚膜に多く存在しています。皮脂や汗は無臭ですが、雑菌が作用することによって皮脂やたんぱく質などの成分が酸化して臭いのもとになります。

特に頭皮やわきは、臭いやすいと言われています。頭皮は他の部分より皮脂腺が発達しており、剥がれ落ちた角質細胞であるフケが髪の毛に着いて臭いのもとになります。

わきは皮膚常在菌が多い場所なので、やはり強い臭いのもとになりやすいです。

頭皮の臭いをケアするためにマメなシャンプーは必要ですが、マイルドなものを使いゴシゴシと洗わない事が大事です。

頭皮を傷つける事によって皮脂のコントロールが出来なくなり、臭いが更に気になる状況になってしまう事も考えられます。

その他、ストレスや不規則な生活も、肌の常在菌を増やしてしまう原因のひとつになります。生活習慣などの根本的な見直しも必要です。

デオドラント用品も上手に活用

体臭やワキガ対策として、デオドラント用品も活用してみましょう。デオドラント用品は、臭い対策に効果を発揮してくれます。

中でもクリームは、肌に直接塗ることになるため、臭いを抑える効果も高くなっているのです。肌に直接成分を塗ることで、強い臭いを長時間抑えることも可能になるでしょう。

クリームの成分として、殺菌効果のあるものが含まれており、汗をかいたときの臭いを防止することができます。

寒い季節よりも暑い季節の方が、より臭いがきつくなってきますが、クリームを塗ることで暑い時期にも心配なく過ごせるようになります。

商品によっては、爽やかな香りがついているものもあるので、香水代わりとしても利用していくことができるでしょう。

デオドラント用品は、軽く小さめになっているので、持ち運びしやすい特徴を持っています。朝出かけるときに利用するだけではなく、学校や職場で気が付いたときに使うことができるので、帰宅まで臭いを抑えることができます。

女性の体臭対策ってどんな方法がある?

今回は女性の体臭の対策方法はどのような種類があるのかを伝えたいと思います。

簡単で瞬間的に隠せる方法は、ほとんどの女性もまた男性もしているのではないでしょうか。

その方法とは、ずばり香水です。香水は2プッシュ程手首や首に振りかけることで体臭が簡単に香水の香りに変化します。

ですが、注意しなくてはいけない点があります。香水を多くつけすぎてしまいますと匂いが強くなってしまいいい匂いとは程遠く周りの人から嫌がれてしまうことがあるため、香水をつける際は気を付けて使いましょう。

根本的な対策は、生活習慣の改善です.早寝早起きや肉類のものだけを食べるだけでなくしっかりとサラダなどをバランスよく食べ栄養の偏りをなくすことで防ぐことにもつながります。また、お風呂で体を洗う際に強く洗いすぎないようにすることも大切です。

強く洗ってしまいますと皮膚を傷つけてしまい体臭を抑えるための部分までもそぎ落としてしまう恐れがあるからです。これらの方法を参考にしてみてください。

便秘と体臭には密接な関係が!

便が長期間腸の中にとどまっている状態の「便秘」は、体臭や口臭の原因になります。便秘になると、腸内では悪玉菌が増加し、便の腐敗が進みます。

腐敗が進んだ便からは発がん性の有害物質と共に腐敗臭が発生し、これが腸壁から血液に流れ込み、全身に巡ることで体臭の原因となるのです。

体臭を改善するには、便秘の解消が肝心です。毎日の食生活を見直し、腸内環境の改善を目指しましょう。

まずは善玉菌が入った発酵食品を毎日食べること。ヨーグルトや納豆、味噌汁など毎日の献立に取り入れやすいものも多いので、積極的に摂ることが大切です。

つぎに、善玉菌のエサとなる食物繊維とオリゴ糖をできるだけ食べるようにすること。無糖のヨーグルトに、食物繊維の多いバナナとオリゴ糖を混ぜて食べるのもおすすめです。

腸内環境が整えば、老廃物が正常に排泄されるようになり、ダイエットにも効果があります。

善玉菌を増やす食生活を毎日続けることで、健康的な生活を手に入れましょう。